隠し技的機能紹介【Blender】

Blenderには裏ワザのようなものが山程ある。
その中でも実用的な機能を紹介する。


「 A 」でパネル開閉

N/Tプロパティやプロパティウィンドウ上で、「 A 」キーを押すとパネルを開閉できる


マウスホイール回転でタブの切り替え

プロパティやユーザー設定ツールシェルフなどのタブ


Alt + マウスホイール回転でコマ送り

フレームを1コマずつ移動でき、カレントフレームの微調整ができる


プロパティやユーザー設定で、中ボタンドラッグ

画面を持つようにスクロール


数値入力フィールドでAlt + Ctrl + マウスホイール回転

数値を上下できる


複数の数値入力フィールドをドラッグして一括選択

複数項目に一括で入力することができる


数値を+ -反転

数値入力フィールドでマイナスキーを押す



一度クリックして選択する必要なくコピー / ペースト

数値入力フィールドの上でCtrl + C / Ctrl + Vすることでできる
これは色に関しても使うことができる


対象オブジェクトを3Dビューから直接選ぶ

オブジェクト選択フィールドの上で 「E 」キーを押す
オブジェクトのピッキング選択ともいう
モディファイアなどでの対象となるオブジェクトの選択で、オブジェクトのリストが多すぎて選択しにくい場合、カーソルがスポイト状態になり、3Dビューでオブジェクトを直接選ぶことができる


複数オブジェクトの一括設定

altキーを押しながら数値入力やオンオフなどボタンクリックをすると選択中のオブジェクト全ての値が変更できる


関連記事
カテゴリ: Blender
作成日 : 2016/06/05 06:01

機能

0 Comments

▼ クリックでコメント入力フォーム ▼
​​