簡単削除やテンキー不要、マウスドラッグでボックス選択などで、
Blenderの特殊な操作を改善できるアドオンです。



・ボックス選択 …… マウスドラッグ
・リンク選択 …… ダブルクリック
・削除 …… バックスペース
  - メッセージなし削除
  - メッシュ選択モードによる自動削除
・視点の操作……1,2,3,4,5
・モードセット……Tab
などがすぐに設定できます。


▼ 追加されるキーマップ一覧 ver1.0
  
▼ ボックス選択
ボックス選択 マウスドラッグ
ボックス追加選択 マウスドラッグ + shift
すべてのウィンドウタイプに対応
…… "マウスドラッグで移動"の代替キーについては検討中
…… 選択解除はこのアドオンでは設定できないので未実装
▼ リンク選択
メッシュがつながっているものをすべて選択 ダブルクリック
追加選択 ダブルクリック + shift
…… UVエディターのピースにも対応
▼ 削除
オブジェクトを「メッセージを表示せず」削除 BACKSPACE
メッシュ選択モードと同じ要素を自動溶解 BACKSPACE + alt
頂点を中心に結合 BACKSPACE + shfit
…… ドープシート・グラフエディターのキー削除にも対応
▼ 視点の操作
前右上 1,2,3
後左下 1,2,3 + ctrl
カメラ 4
平行投影 4 + Shift
「カメラをビューにロック」 の切り替え 4 + ctrl
現在の視点にカメラを合わせる 4 + ctrl +alt
アクティブオブジェクトをカメラにする 4 + shift + ctrl
現在の視点にカメラを合わせる 4 + alt + ctrl
レンダリング 5
サブディビジョンレベル設定 cmd + 1/3
サブディビジョンレベル設定(Windows用) alt + 1/3
…… テンキーを必要とせず、左手で押しやすいものを用意。
※Blenderには「テンキーを模倣」という機能が用意されているが、
これだと単純に数字キー全てを置き換えるだけなので左手だけではアクセスしづらい。
▼ トランスフォーム
移動 A
回転 D
すべて選択 A + cmd
…… トランスフォームのキーを集中させ、XYZキーの近くするための設定
…… すべてのウィンドウタイプに対応
…… 下記の通り、完全に互換できていないのでデフォルトではオフに設定
………… Windowsユーザーは元のAキーの全選択を設定する必要あり
………… トランスフォーム中のキー変更は未実装。
              必要な場合は手動でTransform Modal Map に入れる必要がある
………… 同じくAXIS-Y をCキーに設定するとより良い
………… ダブルクリックの回転モーダルなどは未実装
▼ モード変更
編集/オブジェクト Tab
スカルプト Tab + shift
ポーズ Tab + ctrl
テクスチャペイント Tab + ctrl
ウェイトペイント Tab + alt
…… Tab + shift のスナップの代替キーは未実装、
        トランスフォーム中にctrlで十分なので
…… Tab + ctrl のメッシュ選択モードの代替キーは未実装、
        w_pieアドオンの右クリックパイメニューの利用を推奨
…… WindowsではTab + altが使用不可なのでウェイトペイントを他に追加する必要あり
▼ ビューコントロール
ビューを回転 cmd + 左クリック
ビューを移動 cmd + 右クリック/中クリック
ビューをズーム cmd + ctrl 右クリック/中クリック
選択部分を表示(すべてのウィンドウに対応) Z
すべて表示 Z + shift
レンダリングするもののみ表示 Z + shift + alt
…… Zのワイヤーフレーム表示の代替キーは未実装
w_pieアドオンの右クリック + shift + alt のシェーディングパイメニューの利用を推奨
▼ その他
ミラー 4 + ctrl + cmd
ナイフ Z + alt
ユーザー設定ウィンドウ表示 , + ctrl
選択物をオブジェクトに分離
(オブジェクト結合と対なすように)
J + ctrl
最初のフレームに移動 リターン
再生 スペース
検索メニュー スペース + shift + alt
関連記事
カテゴリ: Blenderアドオン
作成日 : 2017/12/31 03:46

0 Comments

▼ クリックでコメント入力フォーム ▼
まとめ
--> ​​