個人的なハイライト

  • リアルタイムレンダリングだけでなく、ランダムカラー表示やエッジ強調、ユーザーのMatcap、ワイヤーフレームオンシェードなどにより、リッチなビューポート表示ができるようになった
  • タイムラインだけでキー編集できるようになった。
  • アンドゥが、編集モードとの境がなくなった。

欠点

  • "ユーザー設定"がウィンドウではなくなり、分割表示しにくくなった。

  • コンパクトなレイヤー表示がなくなった。

  • ローカルビューが消えた?

  • レンダリングされるウィンドウの初期設定が、別ウィンドウになった。Blenderはウィンドウを最前面表示することができないので、別ウィンドウを他のDCCソフトのように扱うことはできない。

  • infoヘッダーがただの履歴表示になり、エディタータイプを切り替えないとエラーログが確認しにくい。

  • レイヤー機能はできたが、一般的な操作と違って戸惑う

    • ドラッグでボックス選択できない
    • ボックス選択が常に追加選択される
    • Shift押しながらここからここまで一括選択、というようなことができない
    • D&D中に自動スクロールされないので、画面外のコレクションに入れることができない
    • 一般的なグループは、子の並んでいる所のどこにD&Dしても階層に入れることができるが、親そのものにD&Dしなければ入れることができない
  • マテリアルタブを開こうとすると落ちる、レンダリングしようとすると落ちるのは致命的なので、アルファ版はまだ実用には至らない。

新機能

  • リアルタイムレンダリング(Eevee Render)
    • 疑似SSS,SSR,AO,被写界深度,ブルーム,フリースタイル、リフレクションプローブなど
  • "階層を作れて個数制限のないレイヤーに"なった(コレクション)
    • 以前のコンパクトなレイヤー表示が廃止
    • 以前のグループ機能が廃止
  • "マルチオブジェクト編集が可能に"なった
  • アンドゥが、編集モードとの境がなくなった
    • 一般的なアンドゥになった
  • ツールシェルフで"右クリックの挙動を選べるように"なった
    • アクションマウス(初期設定での左クリック)は様々なツールに切り替えられるようになった
    • 以前のカーソル配置だけではなく、ボックス選択や各種ポリゴン編集など
    • ツールプロパティの各種アイコンから変更することができる
    • ヘッダーのアイコンが現在のツール
  • 好きなメニューを"Q"キーのお気に入りリストに追加できるようになった
  • "タイムラインだけでキー編集できるように"なった
    • キーフレーム表示がドープシートと同じようになって、移動などの編集をすることができるようになった
  • "ワイヤーフレームオンシェード"が可能になった
    • オブジェクトに依存しないソリッド&ワイヤーフレーム表示
    • 現状、以前の"プロパティウィンドウ>オブジェクト>ビューポートディスプレイ"内の"ワイヤーフレーム"設定は機能しない
  • "オブジェクトカラーのランダム表示"が可能になった
    • オブジェクト分類の視認性が上がる
    • ZBrushのポリグループやZModelerの色分けに似ている
  • 全てのオブジェクトが透過するレントゲン表示が可能になった
    • 現状、以前の"プロパティウィンドウ>オブジェクト>ビューポートディスプレイ"内の"レントゲン"設定は機能しない
  • "オブジェクトタイプごとによる可視性・非選択"が可能になった
    • 既存の非表示・非選択機能に依存しない
  • 終了時、"セーブするかどうか"を聞くようになった
  • 右上に、マウスだけでビュー操作できる"ナビゲートマニピュレーター"が追加

表示関係での変更点

  • レンズ(焦点距離)の初期設定が、50mmになった
  • 単位の初期設定が、メートルになった
  • 頂点の表示が、円になった
  • ユーザーが好きなMatcapを使用できるようになった
  • エッジの強調表示が可能になった
  • 領域オーバーラップがデフォルトでオンに

ウィンドウ・メニュー位置

  • Nキーのプロパティシェルフの内容の多くが、ヘッダーに移動された
  • Tキーのツールシェルフは、アクションマウスのツール一覧になった
  • Tキーのツールシェルフの内容が、プロパティウィンドウやヘッダーに移動された
  • Tキーのツールシェルフの履歴表示が、横に分離した
  • ヘッダーの初期位置が、全て上になった
  • ユーザー設定が、エディタータイプではなくなった(分離ウィンドウでしか表示できなくなった)
  • プロパティの内容が、全て縦並びになった
  • オブジェクトモードなどの表示がinfoヘッダーに移動した
  • ポリカウントが、画面一番下に移動した
  • ツール実行中の説明が、画面一番下に移動した
  • 現状infoヘッダーがただの履歴表示に
  • ワークスペースが画面上部にタブのように表示されるようになった
  • レンダリングされるウィンドウの初期設定が、別ウィンドウになった
  • レンダリングボタンが、プロパティウィンドウのレンダータブにはなくなった

キーマップ

  • 1, 頂点
  • 2, 辺
  • 3, 面
  • Delete, 削除
  • A, 全選択
  • A alt, 全選択解除
  • Z, 全て透過するレントゲン表示
  • スペース shift, 再生
  • F3, 検索
  • alt 中ドラッグ, フロントやレフトなどのビューにスナップ
  • タイムラインで開始と終了の"E"と"S"のキーマップがなくなった
  • ユーザー設定の入力で、タイムラインは"タイムライン"ではなく"アニメーション"という名称になった

バグ

  • 環境

    • OS : Mac El Capitan
    • Blender : 2.8 Alpha.ver
    • Memory : 8GB
    • Graphic : Intel Iris Pro 1536MB
  • アウトライナーのコレクション一覧で、オブジェクトのアイコンの方をドラッグしようとすると落ちる

  • プロパティでライトタブ、マテリアルタブを開こうとすると落ちる

  • サブサーフモディファイアの最適化表示がまだ対応されていない

  • 初期シーンをEeveeレンダリングしようとするだけで落ちる

  • Ctrl G で作ったコレクションは"View layer"に表示されない?

関連記事
カテゴリ: Blender
作成日 : 2018/07/08 10:31

0 Comments

▼ クリックでコメント入力フォーム ▼
まとめ
--> ​​