3DCG初心者によくあるやつ

  歯車

まえがき

3DCG初心者には魅せ方の技術がない。
3DCG内の技法はわかるし作れてはいるが、
作ったものをより良く見せる方法が欠けている。
どんなにモデルの出来がよくても、
見る側からすると最終的に見る絵が全てである。
その作ったものの良さを十分に伝えることができていない。

絵描きであれば画力の上達をしながら魅せ方も身についていく。
これが3DCGにより、デザイン関係に関わることがなかった人も、
創作的なものを作れるようになったのが要因に思う。
これは悪いことではなく、
単純にまだ初めたばかりで魅せ方のステータスが低い。

そのありがちなことを書き連ねる。

レイアウト

無理にモデル全体を収めようとしている

  • 無駄な空白ができている
  • 引きすぎて何を見せたいのかわからない
  • 見せたい箇所を絞る

カメラを傾けている

  • 見にくい
  • 無理にモデル全体を収めようとしている
  • よほどダイナミックなシーンでない限り、基本NG
  • 画像の縦横比を変える

画面ギリギリに収められている

  • 窮屈な印象になる
  • 画面縁には余白をもたせる

無駄な空白がある

  • 見せたいものに焦点が合わない
  • 画面の空白は全て意図する

見せたい箇所が見えてこない

  • 技法の例
    • 見せたい箇所を他より明るくし、他を暗くする
    • 背景をぼかす・暗くする
    • 他の要素との隙間(抜け感)を作る
    • 他要素を集中線のように配置して視線誘導をする
    • カメラアングルで視線誘導する

Tポーズのまま

  • モデルデータを見せるにしても、
  • 生気が入っていないため魅力的にはならない
  • 腕を下ろすなり自然なポーズにする

画面の縦横比は既存のものに揃える

  • とくに意図しないのなら既存のアスペクト比に合わせる
  • 1:1、3:2、16:9など

3DCGの出力画像そのまま

  • レタッチしていない
  • 色調補正
  • 食い込みや意図しない影など3DCG内で修正が手間な箇所は、Photoshopなどで修正する

背景

背景が真っ黒

  • 上下のグラデーションにしたりする
  • 真っ白なら背景に意味を持たせないのでよい

モデルが背景に埋もれている

  • モデルの輪郭がわかるようにライティングする
  • 輪郭を縁取るように背景をすこし明るくする

地面がない・ただの平面

  • 背景を緩やかなL字の板にしたり
  • 影だけ書き込み、設置感を作ったりする

影が黒い

  • 1つしかライトを当てていない
  • グローバルイルミネーションを使う
  • 環境マップを貼って環境光を当てる
  • 濃い影にならないようにする
    • 斜め上に強いライトと、
    • 左斜め下に弱いライト置くなど

影がうるさい

  • 影の輪郭がはっきりしすぎ
  • 背景への落ち影の主張が強い
  • 不要であれば影は作らないこと

光源の反射がはっきりしすぎている

  • ライトを置く場所が近すぎ

顔に影を落とさない

  • アニメキャラクター系であればほとんどの場合、顔の影はあまり良くない

モデル

角に面取りがされていない

  • CG臭い印象になる
  • 人の扱う製品は怪我をしないように角はなめらかにされている

ポリゴン感が強い

  • 面はスムージングする
  • サブディビジョンサーフェスをかける

なめらか過ぎる

  • サブディビジョンサーフェスの影響を考慮されていない

光沢がCG臭い

  • その材質の光沢感を意識する

アニメーション

やたらカメラが動く

  • カメラの動きが激しいと見ていて疲れる
  • よほどダイナミックなシーンでない限り、
  • 基本定点かパン(縦・横振り)にする
  • 視点を変えるならカット切り替えにする

アニメーションのキーがリニアになっている

  • 急に等速で動いて急にビタッと止まる
  • 必要な箇所はキーフレームのカーブに緩急を付ける

腕を上げているのに肩が上がっていない


以上。 「そこを直せばもっとよくなるのに」というのが散見されるので、
改善されてほしいと密かに思う。


記事の表紙画像
「部品」/「忘却野」のイラスト [pixiv]

関連記事
カテゴリ: 小ネタ
作成日 : 2019/01/28 00:00

0 Comments

▼ クリックでコメント入力フォーム ▼
--> ​​